自己紹介

はじめに【ブログ紹介とプロフィール】

初めまして。元検察事務官の検察辞太郎(やめたろう)(@moto_jimukan)です。

検察庁で4年間,政令市役所で3年間勤務し,退職後の現在はフリーランスとして活動しています。

さて,このブログを見ている皆さんは,なぜ元検察事務官がブログを書くのか疑問に思っているかと思いますが,それには理由があります。

検察事務官を目指す人を応援したい!

ずばりこれが私がブログを書く理由です。

では,このブログの紹介と私のプロフィールについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

他にはない当ブログ3つの特徴

【その1】元検察事務官が書く唯一無二のブログである

今のところ元検察事務官のブログは存在していないです。

そもそも検察事務官自体が採用数が少ないレア職業なので,検察事務官を辞め,かつブログを書くなんて稀有な人間は私ぐらいなものかと思います。

なので,このブログが検察事務官のリアルな世界をお伝えできる唯一のブログであると自負しています

【その2】検察事務官が嫌で辞めたわけではない

検察事務官を辞めた理由は,家庭の事情で泣く泣く辞めました。

なので,検察事務官の仕事は大好きでしたし,今でも検察事務官の仕事は楽しかったなと思っています。

ブログを書くのが検察事務官が嫌で嫌でたまらなくて辞めた人だと偏った意見になってしまいますが,その点,私の退職理由は家庭の事情なので,皆さんに検察事務官のリアルをお伝えできます

【その3】検察事務官と市役所職員を両方経験している

検察事務官と市役所職員の仕事を両方経験している人はほぼいないと思います。

公務員受験生の中には,検察事務官と市役所職員のどちらになるか悩む方もいると思いますが,どちらの仕事の方がいいかなんて実際に働いてみないと分からないですよね?

実際,私も両方から内定をもらい,どちらに就職するか悩みました。

ただ,今の私は両方で働いた経験があるので,検察事務官と市役所職員のどちらがいいかをリアルに比較し,皆さんにお伝えすることができます

ちなみに総合的にみると検察事務官の方が断然面白いですが,仕事内容だけでなく,給料や福利厚生といった面でも比べることができるので,今後,詳しく記事にしていこうと思っています。

では次に,どういった内容をブログで伝えていくかについてご説明します。

スポンサーリンク

当ブログで発信する内容

検察庁内々定に向けた公務員試験対策

当ブログでメインに紹介する公務員試験対策は,官庁訪問・採用面接対策です。

一次試験対策については,公務員試験専門予備校などの方が当然優れていますので,当ブログでは,元検察事務官の視点から,官庁訪問や採用面接で高評価を得られるようにアドバイスをしていきたいと思います。

検察庁志望者の公務員受験生は,必ず見ておいた方がいい必見の内容となります

検察事務官の仕事内容・働き方

検察事務官の仕事内容や働き方については,情報があまり出回っていないため,公務員受験生は業務説明会や官庁訪問で初めて検察事務官のことを知るパターンが多いです。

また,インターネット上には,検察事務官に関する以下のような様々なデマが出回っています。

  • 検察事務官は検察官の奴隷。
  • 大卒は高卒に虐げられる。
  • パワハラ体質である。
    など

これらの情報は全くのデマになりますが,検察事務官の情報が少ないせいで,デマを信じた公務員受験生が検察事務官を敬遠してしまうこともあります。

そこで,元検察事務官である私の経験を活かし,検察事務官の仕事や働き方のリアルを公務員受験生に伝え,検察事務官の仕事のやりがいや楽しさを伝えていきたいと思います。

また,検察事務官の仕事の理解官庁訪問や採用面接の対策にも大いに役立つものとなります。

検察庁の各種制度など

就職先を決めるに当たり,仕事内容・やりがいの他に,以下の事柄も重要な要因になると思います

  • 給料・ボーナス・各種手当
  • 福利厚生
  • 研修制度
  • キャリアアップ制度
  • 異動・出向
    など

これらの事柄についても,仕事内容や働き方と同じで情報が少ないので,元検察事務官の経験を活かし,検察庁の充実した各種制度を伝えていきたいと思います。

では,最後に,私の詳細な経歴についてご紹介したいと思います。

検察辞太郎の経歴

【大卒後】新卒の就職は金融機関で営業

大学生の頃は,周りに金融機関で働いていることが多く,また資産運用にも興味があったことから金融機関を志望し,就職活動は金融機関のみエントリーしていました。

ちなみに公務員になろうとは一ミリも思っていませんでした。

リーマンショック後の就職氷河期に何とか希望する金融機関に就職できたのですが,顧客の利益を一切考えず,手数料のことしか考えない仕事に嫌気が差し,1年間で退職しました。

【退職後】職業訓練校に通いながら公務員予備校で勉強

退職後はお金もなかったので,まずは職業訓練校に通い,失業給付金をもらって生活していました。

職業訓練に慣れてきてからは,公務員試験予備校のTACに通い,最終的には,国家一般職・裁判所一般職・国税専門官・政令市役所の大卒程度区分試験に合格し,晴れて検察事務官となりました

【検察庁】検察官とペアで事件捜査

検察庁では,主に,ドラマ「HERO」で松たか子や北川景子がやっていた立会事務官として検察官とペアになり様々な事件捜査に従事していました。

担当した事件は,応援勤務も含めて,刑事・公安・交通・特捜部で担当する事件を一通り経験することができました。

検察事務官の仕事は楽しかったですが,家庭の事情により4年間で退職することになりました。

【政令市】社会人経験者採用試験で入庁

政令市には,検察事務官として働きながら勉強し,社会人経験者区分で入庁することができました。

市役所勤務は3年間でしたが,区役所では勤務せず,いわゆる本庁勤務で,福祉関係の部署で働いていました

市役所ではやりがいを見出すことができず,3年で退職することになりました。

スポンサーリンク

おわりに

今回は自己紹介記事でしたが,最後まで見ていただいてありがとうございました。

このブログでは,私のこれまでの経験すべてを活かして,検察事務官を目指す皆さんを応援していきたいと思っています

また,社会人から公務員に転職を考えている人にとっても有益になる記事を書いていきますので,今後とも是非見ていただければと思います。

スポンサーリンク